2011年01月13日

中村創の魚類好き

中村創の魚類好き
今日の中村創の話は、マイワシです。
マイワシは、ニシン目・ニシン科に分類される魚の一種。東アジア沿岸域に分布する海水魚である。カリフォルニアマイワシ(S. sagax)の亜種とされることもある。
成魚の全長は30cmに達するが、20cmくらいまでの個体が多い。体は上面が青緑色、側面から腹にかけては銀白色をしている。また、体側に黒い斑点が1列に並ぶ。ただし個体によっては2列あるもの、2列の下に更に不明瞭な3列目があるもの、逆に斑点が全く無いものもいる。別名「ナナツボシ」(七つ星)はこの斑点列に由来する。

体は前後に細長く、腹部が側扁していて、断面は逆三角形に近い紡錘形をしている。下顎が上顎よりわずかに前に突き出る。鱗は薄い円鱗で剥がれ易い。縦列の鱗の数は45枚前後で体の割りには大きい。側線はない。

同じイワシとして括られるカタクチイワシやウルメイワシとは、体側に黒点列があること、体の断面が比較的左右に平たいことなどで区別できる。

身は柔らかくて小骨が多い。大型個体では皮下脂肪がよく発達する。食用での用途はちりめんじゃこ(シラス干し)、干物(目刺、丸干し、開き)、塩焼き、煮付け、缶詰、酢の物、刺身、たたき、魚肉練り製品(つみれ、蒲鉾、竹輪)など非常に幅広い。

ただし水揚げされた後は傷みが早く、すぐに臭みが出るため、刺身や塩焼きにできるほど新鮮なものは流通が限られる。薬味にはショウガがよく用いられる。刺身はショウガ醤油や酢味噌で食べられる。

栄養素面ではドコサヘキサエン酸などの不飽和脂肪酸やビタミンDを多く含むことが報告されている。このため20世紀末頃からはいわゆる体に良い食材として再評価も進んでいる。

posted by 中村創 at 22:14| Comment(0) | 中村創芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

中村創の魚類好き

中村創の魚類好き
今日の中村創の話は、ホトケドジョウです。
ホトケドジョウは、条鰭綱コイ目タニノボリ科に属する魚。
全長は約6cm。体形は太短く、断面は円筒形。頭部は上下に扁平である。体色は茶褐色から赤褐色で、体には黒点が散在している。

口ひげは4対で合計8本あり、3対が上唇より、残り1対が鼻孔より発達し、吻の上方に出る。
水温が低く流れの緩やかな河川や湿地、水田等に生息する。あまり底層には潜らず、単独で中層の水草の間を泳ぎ回ることが多い。

食性は雑食で、魚類、甲殻類、藻類等を食べる。

繁殖形態は卵生で、3-6月に水草や水中の枯草、落ち葉等に卵を産む。卵は球形で粘着性がある。繁殖期には1尾の雌を数尾の雄が追尾する。産卵後2日から3日で孵化する。生後1-2年で成熟する。

なお、渓流に生息するものも本種とされていたが、現在ではナガレホトケドジョウとして別種とされている。
posted by 中村創 at 21:38| Comment(0) | 中村創芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

中村創の魚類好き

中村創の魚類好き
今日の中村創の話は、ヘコアユです。
ホウボウは、カサゴ目ホウボウ科に属する魚類。変わった外見と動作が特徴の海水魚で、美味な食用魚でもある。
遊泳時は胸鰭をたたみ、体をくねらせて泳ぐが、獲物を探す時は胸鰭を広げ、脚のように変化した胸鰭の軟条3対で砂泥底を歩くように移動する。この軟条の先で味を感じることができ、砂にもぐった獲物を探る。食性は肉食性で、エビ、カニ、小魚などを大きな口で捕食する。

繁殖期は春で、浮性卵を産卵する。卵はプランクトンとして浮遊し、数日のうちに孵化する。孵化した仔魚もしばらくは浮遊し、他のプランクトンを捕食しながら成長するが、やがて海底で生活するようになる。幼魚は全身が黒いが、大きくなるにつれ体が赤っぽく、胸鰭が緑に変化する。

よく似た魚にカナガシラがいる。カナガシラのウロコも小さいが、ホウボウのウロコはもっと細かいことと、カナガシラの胸鰭はホウボウほど色鮮やかでない(ただ単に赤い)ことで見分けがつく。
posted by 中村創 at 16:16| Comment(0) | 中村創芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

中村創の魚類好き

中村創の魚類好き
今日の中村創の話は、ヘコアユです。
ヘコアユは、トゲウオ目ヨウジウオ亜目ヘコアユ科ヘコアユ属に属する魚。

太平洋西部からインド洋にかけてのサンゴ礁などに生息し、日本では相模湾以南で見かけられる。頭を下に向けた独特の姿勢で泳ぐことで知られる。

ヘコアユの体は細長く、かつ極度に側偏しており、腹部はきわめて薄い。体の表面には鱗はなく、代わりに背骨と繋がった甲板(こうばん)と呼ばれる鎧状の組織に覆われている。管状の吻の先端に小さな口があり、歯はない。体側面にはほぼ全身にわたり黒い縦帯が走っており、同じヘコアユ科の近縁種ヨロイウオとはこの縦帯の有無で区別される。

鰭の付き方は、体を縦にして泳ぐのに適応した独特のものとなっている。体の最後部にある棘は尾鰭ではなく背鰭の第1棘が長く伸びたものであり、背鰭の残りの部分や尾鰭・臀鰭は腹側へ移動している。これらの鰭は幼魚期には通常の魚と同じような位置にあり、成長に従って移動する。

基本的に食用にはならない。一方、その独特な生態で人気が高く、フィッシュウォッチングの対象となったり、各地の水族館で飼育されたりするほか、個人が観賞魚として飼育することも多い。
posted by 中村創 at 16:18| Comment(0) | 中村創芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

中村創の魚類好き

中村創の魚類好き
今日の中村創の話は、フエヤッコダイです。
フエヤッコダイは、条鰭綱スズキ目チョウチョウウオ科フエヤッコダイ属に分類される魚。
全長18cm。かなり大型になる。
体色は黄色で、頭部の下と口が白く額は黒い三角形の斑紋がある。鼻のところは白い。
体形は縦に扁平で、体高がある。
吻は細長く筒状。
胸鰭は長い。尻鰭後部に黒い斑紋が入る。尾鰭は透明。
珊瑚礁や岩礁に生息する。単独もしくペアで生活することが多いが、数匹からなる小規模な群れを形成し生活することもある。食性は動物食で、甲殻類やゴカイ等を食べる。細長い口はサンゴや岩の隙間にいる獲物を捕食するのに適している。
一般的には食用とはされず、観賞魚として飼育されることがある。体色や形態から人気は高い。
posted by 中村創 at 15:40| Comment(0) | 中村創芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

中村創の魚類好き

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
中村創の魚類好き
今日の中村創の話は、ビワコオオナマズです。
ビワコオオナマズは、ナマズ目ナマズ科に所属する淡水魚の一種。ナマズ(マナマズ、S. asotus)の同属異種で、琵琶湖・淀川水系のみに生息する日本固有種である。日本に住むナマズ科魚類3種の中で最も大きく、在来淡水魚全体としても最大級の大きさに成長する。
肉は白身だが独特の臭みをもつため味は劣り、食用とされることはほとんどない。鮒寿司の原料として漁獲されるニゴロブナ用の刺し網にかかることがあるが、通常はそのまま廃棄される。
posted by 中村創 at 16:21| Comment(0) | 中村創芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

中村創の魚類好き

中村創の魚類好き
今日の中村創の話は、ヒョウモンオトメエイです。
ヒョウモンオトメエイは、トビエイ目アカエイ科オトメエイ属に属するエイ。太平洋西部とインド洋の熱帯・亜熱帯海域に広く分布している。
体盤幅は1.8m、尾を含めた全長は3mに達することがある。尾は長く、体盤幅の2倍近くに達することもある。

体には、ヒョウによく似た、輪状の斑紋が多数あり、和名の「ヒョウモン(豹紋)」や英名の「Honeycomb(蜂の巣)」はこの模様に由来している。

尾棘には毒があり、刺されると激痛に襲われる。

これまでヒョウモンオトメエイと呼ばれてきた魚は、実際には数種が混同されている可能性があり、今後、数種に分けられる可能性がある。

太平洋西部とインド洋の熱帯・亜熱帯海域に広く分布。 フランス領ポリネシアからオーストラリア北部、東南アジア、台湾、インド、紅海、南アフリカまでの海域で記録がある。

日本では沖縄近海で生息が確認されている。
posted by 中村創 at 18:40| Comment(0) | 中村創芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

中村創の魚類好き

中村創の魚類好き
今日の中村創の話は、ヒガンフグです。
ヒガンフグは、フグ目フグ科に属する海水魚である。マフグ、ナゴヤフグ、メアカフグなどの異名がある。
日本各地の岩礁または藻場に分布していて、浅海にすむ。甲殻類や軟体動物、海底生物をおもに食べる。全長は30センチを超えることもあり、フグの仲間では大型な種類。体色は黄褐色から赤褐色をしている
精巣に弱毒がある。食べることはできない。
posted by 中村創 at 18:17| Comment(0) | 中村創芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

中村創の魚類好き

中村創の魚類好き
今日の中村創の話は、ハナミノカサゴです。
ハナミノカサゴはインド洋または西太平洋のサンゴ礁に住む有毒の魚である。1990年代初旬から中旬にフロリダに持ち込まれたらしく、アメリカ合衆国の東海岸でも見られる。2001年夏までに、フロリダからニューヨーク州ロングアイランドにかけての大西洋岸で発見されている。
赤色、えび茶色、白色の縦縞模様で識別され、目の上と口の下の肉厚の触手、扇子のような胸鰭、長い背棘を持つ。成魚は17インチほどまで大きくなるが、幼魚は1インチかそれ以下の大きさである。全ての棘には毒があり、ダイバーや釣り人の脅威となっている。ハナミノカサゴによる死亡事故は報告されていないが、刺されると非常に痛い。
posted by 中村創 at 08:25| Comment(0) | 中村創芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

中村創の魚類好き

中村創の魚類好き
今日の中村創の話は、ハスです。
ハスは、コイ目・コイ科・ダニオ亜科・ハス属に分類される淡水魚の一種。東アジアと日本に分布し、コイ科魚類としては珍しい完全な魚食性の魚である。
全長30cmほどで、オスの方がメスより大きい。下顎が上顎より前に突き出ていて、口が上向きに大きく裂け、唇が左右と前で「へ」の字に計三度折れ曲がる。目は小さく、他のコイ科魚類に比べて背中側に寄っている。この独特の風貌で他の魚と容易に区別できる。頭部を除いた体つきはオイカワに似て、前後に細長く、左右も平たく側扁し、尻びれが三角形に大きく発達する。体色は背中が青みを帯び、体側から腹部にかけては銀白色である。

主に河川の中流-下流や平野部の湖沼に棲息する。食性は肉食性で、アユ、コイ科魚類、ハゼ類などの小魚を積極的に追い回し捕食する。独特の形状に発達した口も、くわえた魚を逃がさないための適応とみられる。


警戒心が強く、動きが機敏で引きの力も強いため、分布域ではルアーなどによる釣りの対象として人気がある。釣りの他にも刺し網や投網などで漁獲される。

身は白身で、塩焼き、天ぷら、唐揚げ、南蛮漬け、車切り(雌の背ごしを洗いにした物)、などで食べられる。生息数が多い琵琶湖周辺では鮮魚店でも販売されている。

中国では唐揚げかオイル焼きにすることが多い。
posted by 中村創 at 08:04| Comment(0) | 中村創芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

中村創の魚類好き

中村創の魚類好き
今日の中村創の話は、ニセクロスジギンポです。

ネズミゴチは、スズキ目ネズッポ亜目ネズッポ科に分類される魚類。日本を含む東アジア沿岸域に分布する広義のコチの一種で、食用にもなる。

地方名で「メゴチ」と呼ばれることが多いが、カサゴ目コチ科に属するメゴチ(標準和名)とは別種である。
全長20cm前後。体は上から押しつぶされたように左右に平たく、えらの部分がもっとも幅広い。頭は三角形に前方に尖り、目は背面に半球形に飛び出る。口は小さく下向きに開く。1対の鰓孔は他の魚のように裂けず、小さな丸い穴となって背中側に開く。また、鰓孔の横には太い棘が1対ある。左右の棘は向かい合うように内側に弧を描き、内側には数個の歯もある。体表は粘液に覆われ、鱗はごく小さい。背中側は褐色をしているが、これは近くで見ると白、黄色、褐色などの細かいまだら模様からなっている。腹側は白色だが、尾びれの下半分は黒っぽい。

オスとメスではオスの方が体が大きい。また、成体のオスの第一背びれは縁が黒く、メスと若いオスは白く縁取られた黒い斑点が1つあることでも区別できる。

釣りでよく漁獲される。ネズミゴチを目当てに釣る人は少ないが、キスと生息域が重なっているので、キス釣りでは必ずといっていいほど釣り上がる。

ただし体表は粘液が多く、鰓孔の横に棘もあるので素手では扱えない。また釣り針を呑んでしまうことも多いので、タオルや針外しを用意しておくのが望ましい。キスは釣り上げられるとすぐに死んでしまうことが多いが、ネズッポ類はかなりの時間生きている。

頭と内臓を落とした後に料理する。体表の粘液は塩を振ってこすると取れるので、あとは水洗いするとよい。肉は歯ごたえのある白身で天ぷら、唐揚げ、刺身などで食べられる。
posted by 中村創 at 20:31| Comment(0) | 中村創芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

中村創の魚類好き

中村創の魚類好き
今日の中村創の話は、ニセクロスジギンポです。
ニセクロスジギンポは、スズキ目ギンポ亜目イソギンポ科に属する魚類の一種。ホンソメワケベラ(ベラ亜目ベラ科)とよく似た形態をもつことで知られる。
ニセクロスジギンポは西部太平洋から東部インド洋にかけての熱帯域に分布し、日本では相模湾以南の沿岸域で普通にみられる[1]。浅い海の岩礁やサンゴ礁で暮らす遊泳魚で、雌雄のペアで行動することも多い。
本種の体型や体色は、掃除魚として知られるホンソメワケベラ(Labroides dimidiatus)と類似する。ホンソメワケベラは他の魚の周囲を泳ぎ回り、体表に付着したウオジラミなどの寄生虫を捕食する習性がある。ニセクロスジギンポはホンソメワケベラに擬態することで、大型魚に捕食されることなく安全に接近し、鱗や皮膚をかじりとって食べてしまう。両者の鑑別点の一つとして口の開き方があり、ホンソメワケベラの口は吻の先端に位置するのに対し、ニセクロスジギンポはやや下向きに開口する。

ニセクロスジギンポは全長12cmほどに成長する。背鰭は10-12本の棘条と26-28本の軟条で構成される。臀鰭は2棘25-28軟条。
posted by 中村創 at 15:01| Comment(0) | 中村創芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

中村創の魚類好き

中村創の魚類好き
今日の中村創の話は、ドロメです。
ドロメは、スズキ目ハゼ科に分類されるハゼの一種。
成魚は全長15cmに達する。上から押しつぶされたように平たい頭と大きな口をもつ。体色は緑褐色の地に白い斑点が散在する。アゴハゼに似るが、より大型になること、胸鰭と尾鰭に小黒点がないこと、尾鰭が白く縁取られることで区別できる。

北海道西部・本州北端から九州・五島列島・対馬・朝鮮半島・渤海・黄海まで分布する。岩礁海岸の波打ち際やタイドプールに生息するが、アゴハゼよりも比較的低い位置のタイドプールや海中に多い。南日本ではクモハゼやヘビギンポなどと同所的に見られる。食性は雑食性で、藻類や小動物を食べる。

産卵期は春で、産卵後の卵はオスが守る。夏には潮間帯下部で黒っぽい稚魚が群れて泳ぐ様が観察できる。ハゼは底に接して泳ぐものが多いが、ドロメの稚魚は海底からはなれ、胸びれをはばたかせてホバリングするように泳ぐ。

普通は食用にはしない。
posted by 中村創 at 22:14| Comment(0) | 中村創芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

中村創の魚類好き

中村創の魚類好き
今日の中村創の話は、カナガシラです。
カナガシラは、カサゴ目・ホウボウ科に分類される魚。ホウボウに似た魚で、ホウボウと同じく食用に漁獲される。
成魚の全長は30cmほどで、ホウボウより小さい。背面は一様に橙色 - 赤褐色をしているが、腹面は白色をしている。

頭部は硬い骨板におおわれており、「カナガシラ」の和名もここに由来する。この硬い頭部を義憤に駆られて癇癪を起こした大塩平八郎が、バリバリと噛み砕いて骨ごと食べて呆れられたことが当時の記録に残されている。鼻先が前方にとがっていて、小さなとげが左右に数本ずつかたまって生え、その下に大きな口が開く。胴体はザラザラした細かい鱗におおわれる(ホウボウのウロコよりは大きい)。

胸びれはホウボウよりも小さく、色も赤一色である。胸びれの一番下の軟条3対はホウボウと同じように遊離して太く発達し、これを脚のように動かして海底を歩く。

他のひれの構造もホウボウに似ているが、第1背びれに鮮紅色の大きな斑点があるのが特徴で、これは他のカナガシラ属(Lepidotrigla 属)の魚にも共通する特徴である。この斑点は液浸標本にすると黒くなる。

旬は冬で、底引き網で多く漁獲される。

体の大きさのわりに身は少ないが、旨みと歯ごたえがある美味な白身魚で、料理法も煮付け、唐揚げ、塩焼き、鍋料理、干物など多種多様である。小さなものは蒲鉾など魚肉練り製品の原料にも用いられる。

この魚を縁起物にしている地域もある。たとえば長崎県ではカナガシラという名が「お金が貯まる」に通じるとされ、節分にこの魚を食べる風習がある。
posted by 中村創 at 19:28| Comment(0) | 中村創芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

中村創の魚類好き

中村創の魚類好き
今日の中村創の話は、テナガミズテングです。
テナガミズテングは、ヒメ目エソ科に分類される魚の一種。南アジアでは重要な食用魚である。
南アジアでは重要な食用魚で、長江河口沖の東シナ海の砂底地が一大漁獲地となっている。肉は白身で、加熱しても肉質が軟らかい。

インド料理ではBummalo(ベンガル語ではbamaloh)と称し、バター揚げなどされる。干物にもされるが、独特の臭気が発生するので、臭い消しの意味もあってカレーの食材に使われることが多い。

潮州では、「佃魚(潮州語 ドイフー)」と称して、天麩羅(「佃魚烙」ドイフーロッ)にして、唐辛子や胡椒を混ぜた塩をつけて食べることが多い。身がやわらかく、煮ると箸でつかむのは難しいぐらいのため、「豆腐魚」という俗称もある。香港などでは「九肚魚(広東語 カウトウユー)」と呼び、潮州料理店などで食べることができる。台湾ではミズテングとの混称で「那篙魚」といい、天麩羅やスープに利用される。産地に近い上海周辺でも消費されている。

鮮度を保つのが難しいため、中国では有毒なホルムアルデヒド溶液を保存料として使ったものが見つかり、問題となったことがある。

ヒンドゥー教の叙事詩では、テナガミズテングはラーマを助けなかった唯一の魚といわれており、そのために骨なしにされたという伝説がある。
posted by 中村創 at 19:57| Comment(0) | 中村創芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

中村創の魚類好き

中村創の魚類好き
今日の中村創の話は、アイゴです。
アイゴとはスズキ目・アイゴ科に分類される魚の一種である。西太平洋の暖海域に生息する沿岸性の海水魚である。鰭の棘に毒をもち刺されるとひどく痛むが、食用にもなる。
定置網、地引き網、釣りなどの沿岸漁業で漁獲されるが漁獲地周辺での流通が主で市場に流通することは少ない。毒の棘をもつうえに肉が磯臭いので人や地域により嫌われるが、徳島県や和歌山県などでは美味な魚として珍重する。「アイゴの皿ねぶり」(盛り付けた皿を舐めるほど美味い)という言葉もある。

磯臭さを除けば肉質は悪くない。歯ごたえのある白身で刺身・洗い、塩焼き、煮付けなどで食べられる。磯臭さは内臓から身に移るので新鮮なうちに内臓を傷つけずに処理し、ショウガや柚子胡椒でくさみを消すとよい。皮を引かずにさくにとり、カツオのたたき(土佐作り)のように表面を焼いて刺身にすると厚い皮も味わえる。
posted by 中村創 at 18:13| Comment(0) | 中村創芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

中村創の魚類好き

中村創の魚類好き
今日の中村創の話は、ドンコです。
ドンコは、スズキ目ドンコ科に分類されるハゼの一種。日本産ハゼ類としては珍しい純淡水生の魚である。
一般的ではないが食用とされることもある。調理方法としては唐揚げ、塩焼き等があり、肉は白身で美味とされる。ただし内部寄生虫を保持する可能性があり、生食は薦められない。なお主に北日本で食される「ドンコ料理」や「どんこ鍋」は、ドンコという地方名をもつ全く別の海産種のチゴダラやエゾイソアイナメを用いた料理である。

ペットとして飼育されることもある。縄張りを作り同種間で激しく争うこと、自分より小さい動物は何でも貪欲に捕食することなどの理由から基本的に単独飼育が望ましい。また、酸欠や極端な低pH環境には弱い面がある。しかし飼育自体は比較的容易で、人に対しては手から餌を食べるようになるほどよく慣れる。飼育当初は活きた小魚やエビを与えるのが良いが、すぐに乾燥オキアミや魚の切り身などに餌付く。飼育下では砂礫底に浅く潜る行動や、人の指に噛みつく行動も観察される。完全な淡水魚なので飼育下での繁殖例も比較的多い。ハゼ亜目の魚類としては寿命が長く、10年以上の飼育例もある。本来の生息地ではない地域でも販売されている。飼育魚の放流は、食害、病気の伝播等、自然環境の破壊要因となる。
posted by 中村創 at 20:00| Comment(0) | 中村創芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

中村創の魚類好き

中村創の魚類好き
今日の中村創の話は、タナゴです。
タナゴは、コイ目・コイ科に分類される淡水魚の一種。
唐揚げや雀焼き、佃煮などで食用とされる。肝吸虫などの寄生虫を保持する可能性があり、生食には危険をともなう。

釣りの対象魚となるほか、観賞魚として飼育されることもある。比較的温和な性質で他種との混泳も可能だが過密飼育には弱い。飼育下での繁殖法としては、二枚貝を同居させ自然に産卵させる方法と、繁殖期の雌雄から卵と精子を搾り出し人工受精させる方法があるが、どちらも管理が難しい。
posted by 中村創 at 19:35| Comment(0) | 中村創芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

中村創の魚類好き

中村創の魚類好き
今日の中村創の話は、タカハヤです。
タカハヤは、コイ目コイ科の淡水魚の一種。西日本の河川上流部に多く生息する淡水魚である。分類上は、ヨーロッパからアジアにかけて広く分布するチャイニーズミノー Phoxinus oxycephalus (Sauvage et Dabry de Thiersant, 1874) の日本固有亜種とされている。
成魚は全長10cmほどで、前後に細長い紡錘形をしている。体色は暗褐色で、体側は鈍い金色の小点が散在する。鱗は細かく、体表はぬめりが強い。同属のアブラハヤ P. logowskii steindachneri に似ており、分布が重複する本州では両方とも同じ地方名で呼ばれることもある。アブラハヤは体側に黒の縦帯があること、尾柄が細いことで区別できる。またカワムツも分布が重複するが、黒の縦帯があること、オスに婚姻色が出ること、鱗が大きいこと、鼻先が短く幅も狭いこと等で区別できる。
山間部や丘陵地の河川ではわりとよく見られる魚で、渓流釣り等でかかることもある。食用に流通することはないが、食塩で体表のぬめりを取った上で、唐揚げ、天ぷら、佃煮等にして食べられる
posted by 中村創 at 19:14| Comment(0) | 中村創芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

中村創の魚類好き

中村創の魚類好き
今日の中村創の話は、チョウチンアンコウです。

チョウチンアンコウ(提灯鮟鱇、学名:Himantolophus groenlandicus)は、アンコウ目チョウチンアンコウ科に属する魚類の一種。丸みを帯びた体型と、餌を誘うために用いられる頭部の誘引突起(イリシウム)を特徴とし、深海魚として比較的よく知られた存在である。

この魚は主に大西洋の深海に分布し、カリブ海などの熱帯域からグリーンランド・アイスランドのような極圏付近まで幅広く生息する。太平洋・インド洋からも報告があるものの、その数は非常に少ない。生息水深ははっきりしていないが、熱帯・亜熱帯域の中層(特に水深200−800m)から捕獲されることが多い。一方で、大型の個体はより北方の海域から底引き網によって、あるいは漂着個体として得られる傾向がある。

およそ160種が含まれるチョウチンアンコウ類の中で、1837年に最初に記載された種が本種である。原記載に使用された標本は1833年にグリーンランドの海岸に打ち上げられた漂着個体で、海鳥による食害を受けたため保存状態は非常に悪く、現存しているのは誘引突起の一部のみである。以降、2009年までに143個体(変態後の雌)が標本として記録されているが、これは科全体の三分の一を超える数であり、本種はチョウチンアンコウ科の中で最もよく研究された種となっている。

生息範囲が熱帯から極圏までとは、寒がりな中村創には理解不能です。
アンコウ鍋で温まりたい中村創でした。
posted by 中村創 at 15:10| Comment(0) | 中村創芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

中村創の魚類好き

中村創の魚類好き
今日の中村創の話は、カエルアンコウです。
カエルアンコウは、アンコウ目カエルアンコウ科に属する魚類の総称。
泳ぎが下手な種が多く、前足のような胸鰭を使って海底を歩き回る。頭部に擬餌の付いた突起を持ち、小型の甲殻類や魚を捕食することから『漁り魚』と名付けられた。

他方、足が動かなくなったものをさす言葉であるいざりにちなむ名であるとも言われ、そのために差別用語と考えられ、この名を使うことに忌避感がある向きもある。カエルアンコウの名はそこからつくられたものである。なお、それ以前にイザリ(漁り)の意味を高知出身の学者が高知方言の「座(いざ)る」の意味で捉えた「座魚」の字があったため、のちに別の学者によって「躄(イザリ)」の字があてられたという説も存在する。
posted by 中村創 at 17:58| Comment(0) | 中村創芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

中村創の魚類好き

中村創の魚類好き
今日の中村創の話は、ティラピアです。
ヒイラギは、スズキ目ヒイラギ科に分類される魚の一種。東アジア温帯域の内湾や汽水域に多い小型魚である。かつてはセイタカヒイラギ属 Leiognathus に分類されたため、学名を Leiognathus nuchalis と掲載した文献も多い。

棘・発音・発光・口の伸長など特徴が多く、西日本各地で多種多様な地方名で呼ばれる。地域によっては食用にもなる。
地引き網・刺し網・釣りなどの沿岸漁業で漁獲される。群れで行動するので多数が同時に漁獲されやすい。粘液で滑る上に鰭の棘条は鋭いので、素手で触れると刺さり易い。鮮魚の取り扱いには注意が必要である。

平たい小型魚なので可食部が少なく、さらに取り扱い時に滑る・刺さるということもあり嫌う人も多いが、地方によっては食用にされる。身質はアジ類に似た白身で、塩焼き・唐揚げ・干物・吸い物の椀種・酢の物・煮付けなどに利用される。骨は堅いが酢に数時間ほど浸すと軟らかくなる。
posted by 中村創 at 23:21| Comment(0) | 中村創芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

中村創の魚類好き

中村創の魚類好き
今日の中村創の話は、ティラピアです。
ティラピア あるいはテラピア(Tilapia)はスズキ目シクリッド科に属す魚の一部をいう。分類学上の集団ではない。
もともとアフリカと中近東に分布したが、食用にするため世界各地の河川に導入された。雑食性で淡水、汽水の様々な環境に適応するが、冷たい水には棲まない。ティラピアという名称は、日本に導入された3種がいずれも当時Tilapia属に分類されていたことに由来するが、現在ではそのうちの2種はOreochromis属に分類が変更されている。
ティラピアの導入は、アジアから南北アメリカまで世界全域に及ぶ。ティラピアの優秀な適応力は、漁業目的では喜ばしいものだったが、在来魚を駆逐する外来生物になると各地で生態系の脅威になった。
食用として導入して生態系をおかしくされるとは人間の愚かさがよくわかります。
ちゃんと繁殖出来るように孤立した池なんかで養殖すればいいのにと思う中村創ですがまあ実際はそんな簡単な問題ではないんでしょうね。
posted by 中村創 at 18:17| Comment(0) | 中村創芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

中村創の魚類好き

中村創の魚類好き
今日の中村創の話は、シログチです。

シログチは、スズキ目 ニベ科の海水魚。40cm前後になる。食用。釣りの対象魚。釣り上げられた時や産卵期に浮き袋を振動させ「グーグー」と鳴く様が、愚痴を言っているかのように聞こえるため、別名グチとも呼ばれる。その中でも体色の白みが強いため、シログチとなった。
春から秋にかけて行われる胴付き仕掛けの投げ釣りや、通年で船釣りの対象魚となる。白身の魚であり、練り製品の原料とされる。

韓国では高級魚とされており、干物は贈答品の定番である。
いやな名前の付け方ですよね。
中村創はそう思います。
posted by 中村創 at 19:11| Comment(0) | 中村創芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

中村創の魚類好き

中村創の魚類好き
今日の中村創の話は、サザナミヤッコです。
サザナミヤッコは、スズキ目スズキ亜目キンチャクダイ科の海水魚である。和名は幼魚の体側の波紋のような模様からきている。沖縄地方では食用にもされている。
幼魚期は黒潮による死滅回遊魚(無効分散)により本州沿岸でも観察されることがある。雑食性で海藻、ホヤ、カイメンなどを食べる。通常単独で行動している。丈夫で飼育しやすい魚として知られており観賞魚として流通している。
キンチャクダイのなかでは、比較的丈夫で飼育しやすい魚として知られており観賞魚として流通している。今や大型ヤッコ類の飼育する入門種でもある。しかし、気が強いのであとから入る新参者をしつこく追いまわす。気が弱いニシキヤッコなどはいっしょに飼う時は特に注意が必要。
観賞魚の入門ということですが中村創は見たことがあるかどうかわかりませんね。
中村創はよくペットショップにいきますが魚を置いてる所は以外と少ないんですよね。
posted by 中村創 at 17:56| Comment(0) | 中村創芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

中村創の魚類好き

中村創の魚類好き
今日の中村創の話は、ゴマモンガラです。
ゴマモンガラは、動物界脊索動物門条鰭綱フグ目モンガラカワハギ科に分類される魚類である。
モンガラカワハギ科で最大の種で、体長約75cmまで成長する。英名はギリシア・ローマ神話のタイタンに由来し、その巨大さから名付けられたものである。

和名のゴマモンガラはゴマ様の斑点模様に由来する。かつては鰭の先端部が暗色であることから、ツマグロモンガラとも呼ばれた。日本における主要な生息地である沖縄県の方言では、あかじきらなー、かーはじゃー、ゆたーふくるばーと呼ばれる。
浅いサンゴ礁などに生息するため、スノーケリングやダイビング時によく遭遇する。性質は荒く、特に繁殖期には攻撃的になって、巣に近づいた場合などに人に向かってくる。鋭い歯を持ち、噛まれると外傷を負うこともある。また、鰭にも棘がある。
魚に噛まれて外傷とか中村創もびびります。
想定の範囲外でした。
75cmとかなりでかめですから不思議でもないのかもしれませんが中村創には驚きでした。
posted by 中村創 at 17:34| Comment(0) | 中村創芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

中村創の魚類好き

中村創の魚類好き
中村創の話は、カクレクマノミです。

カクレクマノミ(学名:Amphiprion ocellaris)は、スズキ目スズメダイ科クマノミ亜科に属する魚の一種。観賞用として、特に映画『ファインディング・ニモ』で主役として登場して以降、人気が高い。

ほかのクマノミ類に比べると細長い体つきをしている。オレンジ色の体に3本の白い帯と黒いひれがあり、成長すると体長は8センチメートルほどになる。近縁種のペルクラ (A. percula) とは似ているものの、体色や模様から区別が可能である。カクレクマノミはペルクラほど鮮やかな色をしておらず、背びれの鰭条の数が11本である(ペルクラは10本)。目についても両者では異なり、ペルクラの虹彩は明るいオレンジ色をしているため目が小さく見えるのに対し、カクレクマノミのそれは黒く、そのために目が大きく見える。オーストラリアのダーウィン周辺のサンゴ礁では稀にメラニスティックの(黒色色素が多い)カクレクマノミが見られ、白い帯は通常と変わらないが、体色がオレンジ色ではなく黒から暗褐色である。それらの黒い個体は、野生下では一般的ではないが、アクアリウム愛好者などの間では人気が出てきている。

生態 [編集]

イソギンチャクの中にいるカクレクマノミペルクラとは近縁種でよく似ており、いずれもセンジュイソギンチャクなどのイソギンチャクと共生の関係にあり、住みかとして、また捕食者からの避難のために利用している。イソギンチャクの触手には刺胞(毒針)があるのだが、クマノミ類の魚はそれに耐性があるため、そのようなことが可能である。一般的に、カクレクマノミはペルクラよりも丈夫で、性格は若干大人しい。カクレクマノミは、彼らが住みかとしているイソギンチャクが食べ残したものを餌としている。

人間とのかかわり [編集]
カクレクマノミは映画『ファインディング・ニモ』(2003年)に登場するキャラクターのモチーフとなり、一躍有名になった。しかしこの影響で観賞用に大量のカクレクマノミが採集された結果、全世界で乱獲され、他のクマノミ類を含め急激に数を減らした。現在では優れた繁殖技術が確立されたこともあり、ある程度は落ち着いてきている。

中村創は、『ファインディング・ニモ』を見てこの魚の名前を覚えました。
小さくてかわいいオレンジ色の魚。中村創は、見ていると元気がもらえるような気がします。
posted by 中村創 at 12:09| Comment(0) | 中村創芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

中村創の魚類好き

中村創の魚類好き
今日の中村創の話は、アンコウです。
アンコウ科には 25 種ほどが含まれ、すべてが海水魚で、主に深海魚である。北極海、太平洋、インド洋、大西洋、地中海に生息する。頭部が著しく大きく、幅が広い。
アンコウは肉食性で、口が大きく、歯が発達している。海底に潜んで他の魚を襲うのに適するため、口はやや上を向いている。口の上には棒状の突起がついており、これを動かして獲物をおびき寄せる。魚の他にも、たまに水面に出て海鳥を襲うこともあり、食べるために解体したら胃の中にカモメやウミガラス、ペンギンなどが入っていたという報告もある。
深海魚も海鳥を食べるんですね。中村創はびっくりしました。
中村創の胃の中からは何が出てくるんでしょうか。
posted by 中村創 at 12:17| Comment(0) | 中村創芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

中村創の魚類すき

中村創の魚類すき
今日の中村創の話は、コチです。
コチは、上から押しつぶされたような平たい体と大きなひれをもち、海底に腹ばいになって生活する海水魚の総称である。ネズミゴチ、マゴチ、メゴチなど、どれも外見が似ているが、目のレベルで異なる2つの分類群から構成される。
釣りや投網、地引き網、底引き網などで多く漁獲される。小型のものは食用にされないが、中型から大型のものは刺身、天ぷら、唐揚げ、煮付け、魚肉練り製品の原料などに利用される。マゴチなど一部は高級魚として扱われる。関西ではガッチョウと呼び、夏の味覚である。
コチから何があってガッチョウになったのか謎です。
中村創の発想ではとてもおもいつきませんね。
高級魚のマゴチとやらは食べてみたいものですが中村創には無理そうですね。残念。
posted by 中村創 at 15:18| Comment(0) | 中村創芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

中村創の魚類すき

中村創の魚類すき
今日の中村創の話は、グッピーです。
グッピーはラテンアメリカ原産のカダヤシ目(キプリノドン目) カダヤシ科(ポエキリア科) グッピー属(ポエキリア属)に属する魚。1858年頃、イギリスの植物学者グッピーによって発見され、1859年に学名がつけられた。和名としては、一応ニジメダカというのが与えられているが、現在では目にすることがない。全長約5cmで、雄のほうが雌に比べて色も形も派手。卵胎生を行う。古くから熱帯魚として広く親しまれている。日本にも帰化している外来種で、沖縄県や、温泉街の用水路で見ることができる。
これは誰でも知ってる魚ですね。
中村創もペットショップに行くたびにみかけます。
日本で最もポピュラーな魚の1つと中村創は思いますがどうなんでしょうね。
posted by 中村創 at 20:13| Comment(0) | 中村創芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク